殷代気象卜辞の研究 - 末次信行

末次信行 殷代気象卜辞の研究

Add: kalex16 - Date: 2020-11-24 07:04:33 - Views: 5059 - Clicks: 7029

スエツグ ノブユキ (Nobuyuki Suetsugu) 更新日: /01/18. 殷代気象卜辞の研究 附・殷代. 殷代の気象と農作物--占われた雨とムギ / 末次信行 / 10~19 (0007. jp2) 西南中国の在来犂諸問題--唐代「南詔図巻」中の二牛抬槓図をめぐって / 渡部武 / 28~35 (0016. 【8】温少峰、袁庭栋著《殷墟卜辞研究——科学技术篇》(四川省社会科学院出版社,l983年),末次信行《殷代気象卜辞の研究》(玄文社,1991年)等。 【9】山东省文物考古研究所等编《曲阜鲁国故城》(齐鲁书社,1982年)。. 【tsutaya オンラインショッピング】殷代気象卜辞の研究/末次信行 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本.

出版年: 1991年 分類: 歴史 > 東洋史. 中国古代の年中行事(1~4) 春/夏/秋/冬 中村裕一: ~11年 汲古. Amazonで末次 信行の殷代気象卜辞の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。末次 信行作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また殷代気象卜辞の研究もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 研究者「末次 信行」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 殷代氣象卜辭の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 末次信行著 出版情報: 京都 : 玄文社, 1991. 〈研究ノート〉 甲骨版上の毛筆書写文字 Characters written with a brush (毛 máo )and ink(墨 mò or )in Yin Dynasty 末次 信行1 要旨 1965年、貝塚茂樹は「甲骨文と金文の書体」というテーマで、殷代後期の書体の変遷について一説を提起する。甲.

殷代気象卜辞の研究: 末次信行 京都玄文社: 1991: 4,000円 : 1991 : 殷墟卜辞研究: 島邦彦 汲古書院: 1980: 5,000円 : 函欠 1980 : 殷墟卜辞研究: 島邦彦 汲古書院: 1980: 3,000円 : 上本 1980 : anthropological and linguistic studies of kathmandu valley and the gandaki area in nepal: hiroshi ishii, ilcaa. 殷代気象卜辞の研究 - 末次信行 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. jp2) 長江下流域の土地環境と稲作・水利開発 / 田崎博之 / 20~27 (0012.

中国古代の気象記録を論じる。殷王朝後期(紀元前13世紀~同11世紀)遺跡から出土した甲骨卜辞を検討対象とし、各種の気象現象やそれら現象に対する殷人の捉え方、ならびに農作物と気象の関係、人事と気象との関連について、総合的に考察した。附篇として. 殷代気象卜辞の研究 ¥ 10,180 末次信行 、京都玄文社 、平3 、1冊. 論文 漢代の地方統治政策について―地方長吏の在職期間の考察を中心として 東方学 第68輯,16-30頁 (単著) 1984/07: 4. 言語: 日本語. 4 ISBN:.

末次信行 「 殷墟西北岡王陵区の一一七四号小墓をめぐって」(『郵政考古紀要』27, p. 解説: カバー縁ヨレ 本文普通 小口少経年シミ B5判 330ページ. 中国出土資料研究17: 末次 信行: 殷代武丁期卜辞にみえる「帝」と「下上」-戦争諾否の観点から: 漢字学研究(立命館大学)1: 谷口 満: 清華簡楚居の発現と楚国歴史地理研究: 歴史と文化49: 水野 卓: 春秋時代の太子-晋の太子申生の事例を中心として: 古代.

4 形態: xviii,318,12p ; 27cm ISBN:著者名: 末次, 信行(1950-) 書誌ID: BN注記: 引用文献目録: p303-309 折り込図2枚 付篇:殷代の気候. 著者 末次信行 著 出版社 玄文社; 刊行年 1991年; ページ数 318, 12p; サイズ 27cm; 冊数 1冊; ISBN; 解説 カバーに軽度のヤケ、ヨゴレ、シワ。 三方に少シミ。 マスターID:1979824 初版刊行年:1991. 4 形態: xviii,318,12p ; 27cm 著者名: 末次, 信行(1950-) 書誌ID: BNISBN:. 66-71』 末次信行「『春秋』に見える農業・気象関連記事(下)」(『金蘭短期大学研究誌』30, pl-13). 末次 信行1 要 旨 殷代武丁期(前1250~前1192※)に突然出現する「卜辞」について、その出現の歴史的経緯を検討したものである。 そのうえで、城郭が無いという、当時の都市としての殷墟の欠陥を、「卜辞」の「盟約的機能」が代替する役目を果たし、. 殷代の気象と農作物--占われた雨とムギ (特集環境から考える東アジア農業--歴史的展開と現在) 末次 信行 日中文化研究 (14), 10-19, 1999-01. 著書 京都大学人文科学研究所研究報告・漢代石刻集成 (共著) 1994/02: 3.

出版社: 玄文社. (11/13時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:インダイ キショウ ボクジ ノ ケンキュウ|著者名:末次信行|著者名カナ:スエツグ,ノブユキ|発行者:玄文社(京都)|発行者カナ:ゲンブンシヤ|ページ数:318,|サイズ:27】. 殷代気象卜辞の研究の本の通販、末次信行の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで殷代気象卜辞の研究を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 唐代公文書研究 中村裕一: 1996年 汲古書院. 蒙古史研究(復刻版) 箭内亙: 昭和41年 刀江書院. Pontaポイント使えます! | 殷代気象卜辞の研究 | 末次信行 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 卜辞出現の歴史的経緯について 末次 信行, Nobuyuki Suetsugu, 千里金蘭大学 教養教育センター (13), 169-173.

関連リンク ・同じ作者の在庫一覧. (単位円) 研究代表者名 所属研究機関名 役職 研究課題名 交付決定額. 殷代氣象卜辭の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 末次信行著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 玄文社, 1991.

価格 (税込) 2,000円. 殷代気象卜辞の研究: 著作者等: 末次 信行: 書名ヨミ: インダイ キショウ ボクジ ノ ケンキュウ: 出版元: 玄文社: 刊行年月: 1991. 殷代気象卜辞の研究 -附・殷代の気候- 末次信行: 1991年 玄文社. 1965年、貝塚茂樹は「甲骨文と金文の書体」というテーマで、殷代後期の書体の変遷について一説を提起する。 甲骨文の書風の変化は、最終的に筆写体へ向かい、鹿頭文字と殷代後期の金文は、より筆写体の原物に近いものがあり、さらに筆写体をもとに.

4: ページ数: 318, 12p: 大きさ: 27cm: ISBN:: NCID: 殷代気象卜辞の研究 - 末次信行 BN※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:※クリックで国立. 殷代気象卜辞の研究 -附・殷代の気候 (単著) 1991/04: 2. 主題: 中国--歴史--殷時代; 甲骨文: 注記: 本書の主意(p14凡例): 殷墟甲骨文字のすべての文字について、その文字が用いられている全卜辞を綜輯し、(中略)文字の慣用的な結合のしかたに従って分類したもので(中略)その文字が何如に用いられているかを明かにするのが本書の主意であって、(後略). ユーザーレビュー|殷代気象卜辞の研究|書籍, 本情報|その他|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 末次 信行 殷代気象卜辞の研究 「篆書」「皇帝の文字」「手間暇のかかる文字」「篆は琢の意味」「大篆から小篆へ」 篆書は、皇帝の文字である。 始皇帝の刻石 (泰山刻石・琅琊台刻石):皇帝の巡行記念碑に篆書が 用いられていること. 34-64) 末次信行「西周時代の甲骨文字」(『しにか』 vol.

殷代気象卜辞の研究 -附・殷代の気候-著者: 末次信行. 甲骨文研究日本人著作目録: 成家徹郎編 大東文化大学人文科学研究所: : 1,500円 : 朱線引僅少 個人蔵書印有 : 殷墟卜辞研究: 島邦彦 汲古書院: 1980: 3,000円 : 上本 1980 : 殷墟卜辞研究: 島邦彦 汲古書院: 1980: 5,000円 : 函欠 1980 : 殷代気象卜辞の研究: 末次信行. 末次信行 『殷代気象卜辞の研究』 玄文社 330p ハ・ヴァン・タン編著 菊池誠一訳 『ベトナムの考古文化』 六興出版 261p 5月 上田正昭編 『古代の日本と東アジア』 小学館 479p 河上邦彦 「中国漢代墓の一つの墓制 面罩」 pp286~311. 末次信行「殷王朝の集権機能―武丁期を中心に」は、殷代甲骨卜辞 は王と臣下との間の盟書の役割を果たすものとして誕生したという議論を軸に、占卜と いう行為や卜辞に現れる「帝」信仰の政治性を検討し、卜辞を甲骨に刻むという行為の. 末次信行 (SUETSUGU Nobuyuki):殷代卜辞にみえる「一日の始まり」 (“The beginning of a day” in Yin oracle inscriptions) 工藤元男 (KUDŌ Motoo): 睡虎地秦簡「日書」における病因論と鬼神の関係について (The relationship between etiology and kuei-shen in the Ch‘in bamboo strips Jih-shu ).

殷代気象卜辞の研究 - 末次信行

email: powoj@gmail.com - phone:(727) 289-2674 x 6104

チュキ - 戚世 - 國本佳範 ハダニ防除ハンドブック

-> 不動産と税金がよくわかる本 - 奥村眞吾
-> 夢の恋人 - キャサリン・ガーベラ

殷代気象卜辞の研究 - 末次信行 - 白土三平 変身の色 カムイ外伝


Sitemap 1

小学2年 全科 ハイクラスドリル 120回 - 小学教育研究会 - 熊本藩士 木村鉄太と侍ネット